KASUMI [カスミ採用情報 ]

先輩の声

地域の顔として
店舗を地域に
根づかせたい。土信田 雅也青果チーフ
2007年入社

入社の決め手若手に任せてくれる
会社だと感じて

カスミを選んだ理由を教えてください。

 地元で働きたいという思いが強く、子どものころから身近にあったカスミの説明会に参加しました。決め手はそこで聞いた「個店主義」という考え方。店舗ごとに個性や特徴があり、自由な裁量で仕事ができる部分も多いと人事担当者から聞き、やってみたいと思いました。

一言で言うとカスミはどんな会社ですか。

 カスミは若手でもいろいろなことを任せてくれ、仕事を通して成長させてくれる会社だと実感しています。入社してお店の青果部門に配属となりましたが、特に青果では自分で売場を決めたり、売価もある程度決められるなど任せてもらえる部分が多く、やりがいにつながっています。また、アメリカのスーパーを学ぶ研修に参加させてもらったり、現在は新店のチーフを任せてもらっています。今後も仕事や研修に積極的に取り組み、さらに成長していきたいと思っています。

仕事の魅力ややりがいを感じるのはどんなときですか。

 青果チーフの主な仕事は販売計画の作成、売場づくり、発注・在庫管理、売上管理などです。自ら商品を選んで売場をつくり、計画通りに商品がたくさん売れたときには達成感がありますし、お店の売上の約1割を占める青果部門をいかにマネジメントしていくかにやりがいを感じています。

これまでで一番のチャレンジは何ですか。

 チーフになって3年、当店で初めて新店チーフを任されました。既存店と違い大変だったのは、売場づくりやスタッフの教育などすべてが一からのスタートだったことです。スタッフも未経験者が多く、研修当初はスタッフの技術習得が思うように進みませんでしたが、まずは自分が丁寧に見本をやって見せて、次はスタッフに任せてできることを徐々に増やしていくことを心がけました。オープンの日、自分たちで作った商品を自分たちの手で陳列することができたことが一番の思い出になっています。

今後の目標を教えてください。

 現在の店舗はカスミにおける千葉県内房エリアの中心店舗の位置づけで、地域におけるカスミの評価が決まる重要な店舗です。地域の顔として野菜や果実の旬にこだわった売場を作っていくことが当面の目標です。将来は全部門の従業員の能力を引き出せる店長を目標に、日頃から他部門のことを学ぶように心がけています。

学生の皆様へのメッセージをお願いします。

 定期的な人事異動で転勤もありますが、その分多くの出会いと発見もあります。私自身、茨城・埼玉・千葉と転勤していますが、今でも以前にいた店舗の人とのつながりを継続し、多くの店長や次長などから学び刺激を受けてきました。新しいことが好きで挑戦を楽しめる人には向いていると思います。これから新規出店も多く、若手が活躍できるステージがたくさん用意されています!