KASUMI [カスミ採用情報 ]

先輩の声

店の顔となる
華やかな青果売場を
自分がつくる渡邊 元久青果チーフ
2012年入社

入社の決め手従業員が生き生きと働く
職場環境に魅力を感じて

カスミを選んだ理由を教えてください。

 大学時代に実家の近くのカスミでアルバイトをしたとき、従業員の皆さんが楽しそうにイキイキと働いている姿に好印象を持ちました。また、学生の私を仲間の一人として受け入れ、とても親切にしてくれました。そうした素晴らしい職場環境を肌で感じ、ぜひ社員として働きたいと思ったのが入社の動機です。

仕事の魅力ややりがいを感じるのはどんなときですか。

 お店に入ると、まっ先に目に入るのが青果売場です。鮮度感と季節感にあふれる売場をつくることは、いわば「店の顔」をつくることであり、非常にやりがいがあります。私が目指すのは、売場を華やかに演出すること。そのためカラーコントロールに力を入れ、一番きれいに見える色の並びにこだわっています。またカットフルーツについても、飾り切りや盛り付けを工夫した華やかな商品を独自に考案しています。

あなたにとって転機になったことは何ですか。

 入社5年目で新店の立ち上げを経験したことです。新米チーフの自分が新店を任されたときは、ちょっと誇らしい気持ちでした。しかしすぐ、厳しい現実に直面することに。開店準備期間は3カ月。競合店調査から従業員教育まで仕事は山積みで、とくに最後の10日間はまさに修羅場。そういう中で、上司や先輩が親身に助けてくれたことや、従業員みんなで思いを共有できたことは最高のよろこびです。オープン当日は、目標を大幅に上回る売上を達成しました。

忘れられない経験や出来事を教えてください。

 アメリカセミナーに参加したことです。現地のスーパーでは、アメリカらしい自由な陳列や什器、ボリューム感、色彩感覚などに圧倒されました。一番印象に残ったのは、フレンドリーな接客です。商品を探す素振りをしていると必ず声をかけてくれますし、レジでおつりが出ないよう小銭までぴったり払ったら「パーフェクト!」と笑顔を見せてくれました。その体験を活かし、私もお客さまに親しみを込めてお声がけするよう心がけています。

これまでで一番のチャレンジは何ですか。

 ブロッコリーやホウレン草など、単品の売上全店1位に度々挑戦してきました。まず、自分で仕掛けたい商品と売価を決め、相場が高い時期でも安く納入してくれるようバイヤーに直接お願いし、実際に売場で展開。その結果、これまでに数え切れないくらい何度も全店1位を達成しています。

学生の皆様へのメッセージをお願いします。

 カスミは、自分がやりたいことを何でも自由にチャレンジさせてくれる会社です。また仕事を通して、従業員同士のチームワークやお客さまとのコミュニケーションなど、人とふれあう楽しさを実感できます。