KASUMI [カスミ採用情報 ]

先輩の声

地域商品を通して、
生産者とお客さまを
つなぐよろこび。北嶋 牧恵商品本部 地域商品開発部 バイヤー
2013年入社

入社の決め手若手や女性が活躍できる
会社だと感じて

カスミを選んだ理由を教えてください。

 食に関する仕事、そして人と関わり地域に貢献できる仕事に就きたいというのが志望動機です。決め手となったのは、会社説明会で入社2年目の女性バイヤーからお話を伺ったこと。先輩社員の活躍する姿に憧れるとともに、カスミは若手社員や女性社員に挑戦させてくれる会社なのだと感じました。

仕事の魅力ややりがいを感じるのはどんなときですか。

 地域で愛される地域商品や地場野菜を発掘し、お店に導入して売場を立ち上げるまでが私の役割。地元に根強いファンがいる味噌店、煎餅店、酒蔵などの商品がお店に並ぶと、地域を応援するカスミの姿勢が伝えられますし、その商品をお客さまが手に取ってくださると達成感があります。また、生産の現場から食卓に届くまでを見届けることができるのも、この仕事の魅力です。

忘れられない経験や出来事を教えてください。

 地域商品は小規模なメーカー様が多く、人手不足で生産が追いつかないなどの理由で、なかなかお店への導入には至りません。とある煎餅店にアプローチしたとき、電話ではダメだと思い車を走らせて直接訪問。最初はあいさつのみでしたが、2度目の訪問でお煎餅を出してくれて、その後何度か訪問するうちに「1店舗だけなら」と受け入れてくださいました。相手が徐々に心を開いてくれたうれしさは忘れられません。

農学部で学んだことを仕事に活かせていますか。

 いろいろな場面で活かせています。たとえば、地場野菜の農薬をチェックするときや、生産者集会で話し合いをするときなどは、農学部で勉強した知識を役立てられます。また、大学で米や野菜を育てた経験があり、田んぼや畑には慣れています。長靴を履いて生産者の畑を訪問すると、よろこんでいただけることがありますね。

今後の目標を教えてください。

 バイヤーとして地域のお客さまに喜ばれる売場づくりをし、食卓に感動を届けることが目標です。最初は、導入した地域商品をお店に並べるだけで精一杯でしたが、いまは「商品の魅力や特徴をどう伝えるか」に意識が向くようになりました。地元メーカー様から直接聞いた言葉を、商品POPなどを通して大切にお客さまに伝えていきます。

学生の皆様へのメッセージをお願いします。

 カスミは、若手社員や女性社員が活躍できる、人を大切にしてくれる会社です。ぜひ先輩社員の話を聞いてみてください。向上心があり、チャレンジ意欲あふれる皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています!