ご意見承り窓口

U.S.M.H

レシピ&食育

カスミ食育クッキング倶楽部 <キッズクッキング教室>

キッズクッキング 第11期生 第3回 洋食

実施日時 2018年9月22日(土)11:00〜14:30
実施場所 地域交流館 みほふれ愛プラザ(2F調理室)(茨城県稲敷郡美浦村大字宮地1211番地2)
メニュー ハンバーグ、コーンポタージュ、ぶどうゼリー

第3回は洋食です。例年子どもたちに人気のハンバーグを作るということで、「早くつくりたい!」という声もちらほら。今回は洋食作りを通して、料理の段取りや盛り付け、配膳などの調理以外のことを多く学ぶ機会となりました。
はじめに、冷やし固めるのに時間のかかるぶどうゼリーを作りました。ぶどうジュースと砂糖を鍋に入れて加熱し、沸騰前に火を止め粉ゼラチンを溶かします。ゼラチンは沸騰すると固まらなくなり、逆に液体が冷めすぎてから加えても溶けないなどの注意を聞き、協力して手際よくゼラチンを溶かしいれました。次はコーンポタージュ作り。玉ねぎのみじん切りやミキサーの扱いなどを教わりました。「みじん切りのときは添える手を猫の手のように」「ミキサーのガラスを割らないために、鍋に触れるくらいまでコーンスープを冷やす」など新しいことを学びました。

ハンバーグ作りでは、「挽肉に適量の塩を加えてよくこねると粘りがでておいしくなります」と講師から教わり、こしょう、ナツメグ、卵を加えてさらにこね、ハンバーグのタネができました。丸や俵型、ハート型など様々な形にしたタネを、よく熱しサラダ油をひいたフライパンで焼いていきます。「両面が焼けたら、ハンバーグの真ん中に竹串を刺して、透明な肉汁がでてきたら中まで火が通ったということです」、「好き嫌いではなく、彩りや栄養を考えた盛り付けをしましょう」と教わり、子どもたちは自分で形をつくったハンバーグに竹串を刺して確認し、付け合せの野菜もバランスよく盛り付けました。
ハンバーグだけでなく、コーンポタージュやぶどうゼリー、さらにはハンバーグにかけるソースも手作りし、おいしい洋食メニューが完成し、試食では「おいしい!」「お家でもつくりたい!」と笑顔があふれました。

  • 印刷する
  • メールする
  • facebook
  • twitter
  • twitter
Page Top