ご意見承り窓口

U.S.M.H

環境・社会貢献活動

レジ袋削減運動

レジ袋無料配布中止の推進

 カスミは地球温暖化の原因となるCO2の排出を抑え、原料である石油の省資源を目指し、レジ袋削減の取り組みを行っています。1974年に始まった「お買物袋持参運動」は今年で43年目を迎えました。

 取り組み拡大のため、2004年からはFOOD OFFストッカーで先行してレジ袋の無料配布を中止。1枚5円で販売し、その収益金を地域の環境保全のために寄付しています。

 2007年以降は、茨城県や栃木県などの行政、市民団体との三者で締結した協定に基づき、順次レジ袋の無料配布を中止。2019年4月26日現在、レジ袋の無料配布中止店舗は、カスミ全188店舗のうち182店舗まで拡大しました。また、カスミ全体のレジ袋辞退率は2017年度で58.2%、1年間に1億枚以上のレジ袋を削減することができました。

お買物袋持参運動

エコバッグ

 

レジ袋無料配布中止店舗

  • 茨城県内 98店舗(※ 筑波大学店、プルシェつくばキュート店、南町店を除く)
  • 埼玉県内 31店舗(※ ファミリーマートプラス3店舗を除く)
  • 栃木県内 全8店舗
  • 千葉県内 全37店舗
  • 群馬県内 全6店舗
  • 東京都内 全2店舗

計 182店舗(2019年4月26日現在)

 

Eco.スタンプカード

スタンプカード カスミではレジ袋を辞退されたお客様に、お買い物1回につきスタンプ1個をさしあげる「Eco.スタンプカード」制度を運用しています。カードはカスミ直営の全レジでご利用いただけ、スタンプ20個で100円分のお買い物または自然保護のためのWWF募金にご利用いただけます。
(「FOOD OFFストッカー」ではスタンプの押印は実施しておりません)

レジ袋無料配布中止による販売収益金の活用

 レジ袋無料配布を中止している店舗のレジ袋の販売収益金は、地域の環境保全や社会貢献活動に役立てられています。2018年度の寄付先はは下記の通りです。

寄付先 金額
茨城県・森林湖沼環境基金 7,225,446円
埼玉県・彩の国みどりの基金 147,351円
栃木県・とちぎの元気な森づくり基金 602,102円
千葉県・ちば環境再生基金 25,101円
国連WFP協会 3,391,000円
5 A DAY協会 5,000,000円
茨城県・緑の募金 4,511,800円
合計 20,902,800円

 

Page Top