ご意見承り窓口

U.S.M.H

環境・社会貢献活動

陸前高田・支援と交流

陸前高田七夕まつり体験学習2016

 2016年8月6日(土)から2泊3日の日程で、当社出店エリアの子どもたちと岩手県の陸前高田七夕まつりに参加して、現地の皆さんと交流する体験学習を実施しました。2012年に始めたこの体験学習は、今回で5回目の開催となります。

 体験学習では、被災地の今を自分の目で見て感じ、勉強会では地元小学校の校長先生から「生き抜くこと、寄り添うこと」をテーマにお話を聞きました。そして伝統の七夕まつりに参加し、現地の皆さんと一緒に山車を引いて交流を深めました。犠牲者への鎮魂と復興を願う皆さんの思い、人と地域のつながりの大切さや絆を五感で感じた3日間となりました。

 被災地の今を見て、聞いて、感じて、交流する体験学習。被災地を忘れないためにも、カスミはこうした支援や交流を今後も継続していきます。

 

東日本大震災慰霊碑に、お客さまやカスミの従業員が折った千羽鶴を奉納しました。また、勉強会では、陸前高田市立高田小学校・木下校長先生からこの5年間の子どもたちの心に寄り添う学校生活についてお話を聞きました。

 

うごく七夕まつり(写真左)、けんか七夕祭り(同右)に参加。地元の皆さんと一緒に山車をひきました。

参加した子どもたちの声

参加した新入社員の声

▲ページの先頭に戻る

チャリティカレンダー「明日暦」2016募金 贈呈式


[ビデオ映像]

 2016年3月21日(月)、お客さまや地域の皆様、お取引先様から多くの共感をいただいたチャリティーカレンダー「明日暦」2016の募金 13,096,896円を陸前高田市立小中学校復興基金にお届けしました。
 お届けした募金は小中学校の教育の振興と学校施設の復旧等に役立てられます。

  皆様の温かいご支援、ご協力、誠にありがとうございました。

 5回目となる今回は「感謝と郷土愛」をテーマに、子どもたちが楽しんで元気なってくれるよう願い込めて贈呈式を行いました。陸前高田市内の3つの中学校の生徒の皆さんによる演奏や合唱、更にはゆるキャラ(たかたのゆめちゃん、ねば~る君、ハッスル黄門、カスミのミーくん)たちによる踊りやトークイベントを行い、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

陸前高田市立高田東中学校の生徒の皆さんによる吹奏楽の演奏(左)・陸前高田市立高田第一中学校の生徒の皆さんによる合唱(右)

陸前高田市立気仙中学校の皆さんによるけんか七夕太鼓演奏(左)。会場中に迫力のある演奏が響き渡りました。

第2部はゆるキャラたちによる踊りやトークショーを行いました。たかたのゆめちゃん、ハッスル黄門、カスミのミーくんは「ゆめちゃん音頭」を会場の皆さんと一緒に踊りました。ねば~る君はトークショーや、ゆるキャラ全員と会場の皆さんと一緒に「なっとう体操」などを踊り、和やかな贈呈式となりました。

▲ページの先頭に戻る

陸前高田七夕まつり体験学習2015

陸前高田七夕まつり体験学習2015動画


[ビデオ映像]

 2015年8月6日(木)から2泊3日の日程で、当社出店エリアの子どもたちと岩手県の陸前高田七夕まつりに参加して、現地の皆さんと交流する体験学習を実施しました。2012年に始めたこの体験学習は、今回で4回目の開催となります。

 体験学習では、被災地の今を自分の目で見て、防災勉強会で津波や地震の体験を学びました。そして、伝統の七夕まつりに参加し、現地の皆さんと一緒に山車を引いて交流を深めました。犠牲者への鎮魂と復興を願う皆さんの思い、人と地域のつながりの大切さや絆を五感で感じた三日間となりました。

 被災地の今を見て、聞いて、感じて、交流する体験学習。被災地を忘れないためにも、カスミはこうした支援や交流を今後も継続していきます。

 

東日本大震災慰霊碑に、カスミの従業員が折った千羽鶴を奉納しました。また、防災勉強会を行い、
陸前高田市消防署・署長の村上信幸さんから地震や津波の体験などを聞きました。

 

うごく七夕まつり(写真左)、けんか七夕祭り(同右)に参加。地元の皆さんと一緒に山車をひきました。

参加した子どもたちの声

参加した新入社員の声

▲ページの先頭に戻る

チャリティカレンダー「明日暦」2015募金 贈呈式

  
 2015年3月14日(土)、お客さまや地域の皆様、お取引先様から多くの共感をいただいたチャリティーカレンダー「明日暦」2015の募金 13,196,900円を陸前高田市立小中学校復興基金にお届けしました。
 お届けした募金は陸前高田市小中学校の教育の振興と学校施設の復旧等に役立てられます。

  皆様の温かいご支援、ご協力、誠にありがとうございました。

 同時に、小中学生を対象に、お世話になった地域の方、先生、監督、コーチなど、多くの人とつながっている暖かい気持ちを大切にしてほしいという願いを込めて、「『ありがとう』を伝えたい写真館」を開催しました。プロのカメラマンによる撮影会を開催し、参加された皆さんからは「とてもよい思い出になりました」と大変喜ばれました。

▲ページの先頭に戻る

陸前高田七夕まつり体験学習2014

陸前高田七夕まつり体験学習2014動画


[ビデオ映像]

 今回で3回目の開催となる「陸前高田七夕まつり体験学習2014」。2014年8月6日(水)から2泊3日の日程で、小学5~6年生30名、カスミ新入社員117名を含む総勢172名が参加しました。

 初日は地元の語りべさんから被災の様子や復興の現状を聞きました。2日目は「うごく七夕まつり」と「けんか七夕祭り」に参加して、地元の人たちと一緒に山車を引き、交流を深めました。3日目には世界文化遺産の平泉「中尊寺」を見学。伝統の七夕まつりに参加して、人と地域のつながりのたいせつさを五感で感じた3日間となりました。

 被災地の今を見て、聞いて、感じて、交流する体験学習。被災地を忘れないためにも、カスミはこうした支援や交流を今後も継続していきます。

 

東日本大震災慰霊碑に、カスミの従業員が折った千羽鶴を奉納しました。
また、語りべさんから被災の様子や復興の現状を聞きました。

 

うごく七夕まつり。お囃子に合わせて掛け声をかけながら、地元の皆さんと一緒に
山車を引いて練り歩きました。

 

長さ15メートルの丸太を取り付けた山車同士が激しくぶつかり合うけんか七夕祭り。
けんか太鼓と山車の迫力を肌で感じることができました。

参加した子どもたちの声

参加した新入社員の声

▲ページの先頭に戻る

チャリティカレンダー「明日暦」2014募金 贈呈式

  
 2014年3月8日(土)、お客様や地域の皆様、お取引先様から多くの共感をいただいたチャリティーカレンダー「明日暦」2014の募金 12,848,000円(25,696部)を陸前高田市立小中学校復興基金にお届けしました。
 贈呈式では、久保田崇・陸前高田副市長より「明日へ向かい希望を持って生きる勇気をもらっている。復興に向け頑張りたい」と復興への心強いお言葉をいただきました。
お届けした募金は陸前高田市小中学校の教育の振興と学校施設の復旧等に役立てられます。
 

  皆様の温かいご支援、ご協力、誠にありがとうございました。

▲ページの先頭に戻る

陸前高田七夕まつり体験学習2013

 昨年度に引き続き2回目の開催となりました「陸前高田七夕まつり体験学習2013」は、2013年8月6日(火)から2泊3日の日程で行われました。

 参加したのは、カスミの出店エリアから公募した小学5~6年生31名のほか、カスミの新入社員91名を含む総勢148名。一行はバス4台で陸前高田入りし、初日に地元の語り部の方から被災時の様子や復興の現状を聞き災害に備える意識を高めました。2日目は「うごく七夕まつり」と「けんか七夕祭り」に分かれて山車を引き、地元の人たちと交流を深め、3日目には世界文化遺産の平泉「中尊寺」を見学。七夕まつりへの参加を通じ人と地域のつながりの大切さを五感で感じた三日間となりました。

 被災地の今を見て、聞いて、感じて、交流する体験学習。被災地を忘れないためにも、カスミはこうした支援や 交流を今後も継続していきます。

「うごく七夕まつり」は昨年は7台だった山車も12組全ての祭組が震災後初めてそろいました。威勢のいいお囃子にあわせ大きな掛け声を上げながら地元の皆さんと一緒に山車をひいて練り歩きました。

 

「けんか七夕祭り」はかじ棒となる長さ15メートルの丸太を取り付けた山車同士が
激しくぶつかり合う勇壮な祭りです。けんか太鼓と山車の迫力を肌で感じることができました。

 

語り部の方と市内を回り被災当時の話や復興の現状を聞きました。そして、仮設追悼施設の
慰霊碑に従業員が鎮魂と復興の祈りを込めて折った千羽鶴と花を捧げ、静かに手を合わせました。

 

フレアイランド尾崎岬にてバーベキューとレクリエーションを行いました。
小学生はやキャンドルに自分の夢を書いて発表しました。

 

参加した子どもたちの声

参加した新入社員の声

▲ページの先頭に戻る

陸前高田 小中学校復興支援金 贈呈式

  
 2012年11月~12月に販売したチャリティーカレンダー「明日暦」2013は、お客様や地域の皆様、お取引先様から多くの共感をいただき、27,319部を完売しました。
そして2013年3月16日(土)、「明日暦」2013の売上金総額13,659,500円を陸前高田市立小中学校復興基金にお届けしました。
 贈呈式には、カレンダーに使用した絵を描いた小中学生やご家族など約40名が参加。カスミ会長の小浜が「地域の将来を担う子どもたちのためにチャリティカレンダーは10年間続けていきたい」と激励すると、戸羽太・陸前高田市長は「応援してくれる大勢の人たちに感謝し、子どもたちが夢を追いかけられる陸前高田にしていきたい」と復興への決意を述べました。支援金は、小中学校の教育の復興と学校施設の復旧等に役立てられます。
 皆様の温かいご支援、ご協力、誠にありがとうございました。

 

  
 贈呈式後には、カレンダーに使用した絵画を描いた小中学生の皆様へ、絵で作ったジグソーパズルをプレゼントしました。

▲ページの先頭に戻る

つくばに陸前高田七夕まつりがやって来た!

復興支援に感謝を込めて

 地域の皆様の復興支援に感謝の気持ちを込めて、9月15日(土)、岩手県・陸前高田の「うごく七夕」の山車と「けんか七夕」の太鼓をつくばにお招きし、山車と太鼓の競演をお楽しみいただきました。

 カスミつくばセンターからつくば市役所まで約1.5キロの道のりを、陸前高田の皆さんと一緒に、公募されたお客様、8月の「陸前高田七夕まつり体験学習」に参加した小学生とご家族、北条商店会の皆さん、筑波大学や筑波学院大学の学生ボランティア、従業員など総勢550名が力を合わせて「うごく七夕」の山車を引きました。

 つくば市役所では、「うごく七夕」・「けんか七夕」の太鼓とお囃子が披露され、5月の竜巻被害から復活したつくば市北条の三角神輿「響獅紫(きょうじし)」も競演。「みんなの心を一つにする大切なおまつり」として、盛大に開催され、陸前高田の皆さんと絆を深めることができました。

みんなで力を合わせて山車を引きました

北条の三角神輿「響獅紫」も競演

大勢のお客様を前にけんか七夕太鼓を披露

夜祭り。勇壮なけんか七夕太鼓が鳴り響きました

 

募金贈呈のお知らせ

 11月12日(月)、祭り会場で実施した軽食販売の売上金198,500円と、七夕まつり支援募金活動による募金14,450円の合計212,950円を、復興陸前高田うごく七夕まつり実行委員会と気仙町けんか七夕祭り保存連合会に贈呈しました。

▲ページの先頭に戻る

陸前高田七夕まつり体験学習

陸前高田七夕まつり体験学習2012動画


[ビデオ映像]

~被災地の今を見て、感じて、交流する~

人のつながり、地域社会の絆の大切さを五感で学ぶ

 被災地の子どもたちの夢をかなえたい、子どもたちの絆をつなぎたい。そんな思いから始まったカスミの「陸前高田七夕まつり」支援活動。昨年は、津波で流出してしまった七夕の山車を復活させるために復興支援カレンダー『明日暦』(あしたごよみ)を作成し、4万7000部を完売。売上全額と募金合計約2,888万円を、まつりの実行委員会に寄贈しました。

 そして2012年夏、この資金で造られた「うごく七夕」と「けんか七夕」の山車を引きながら、子ども同士の交流を図る「陸前高田七夕まつり体験学習」を、8月6日~8日の2泊3日の日程で行いました。

 参加したのはカスミの出店エリアから集まった小学4~6年生33名のほか、カスミの新入社員63名を含む総勢約130名。一行はバス3台で陸前高田入りし、初日に地元の県立高田高等学校の理科教諭で自らも被災した伊勢勤子先生を招いて地震と津波の勉強会を開催。2日目は「うごく七夕」と「けんか七夕」に分かれて山車を引き、地元の人たちと交流を深め、3日目には世界文化遺産の中尊寺を見学。七夕まつりへの参加を通じ人と人のつながり、地域社会の絆の大切さを五感で学びました。

 被災地の今を見て、感じて、交流する体験学習。被災地を忘れないためにも、カスミはこうした支援や 交流を今後も継続していきます。

津波に流され昨年は3台しかなかった「うごく七夕」の山車が今年は7台に増えました。カスミの寄付金などで復活した長砂・沼田地区の山車(写真)を地元の人たちと一緒に引きました。

 


「けんか七夕」は4台あった山車のうち3台が津波で流出。今年は寄付で山車が2台に増え2年ぶりに山車同士のけんかが復活しました。


「地震と津波の勉強会」では岩手県立高田高等学校の伊勢勤子先生が声をつまらせながら体験談を話してくださいました。


松林の中にある碁石海岸青少年キャンプ場でテント泊をし、カスミの新入社員が子どもたちのお世話をしました。


カスミの支援活動に対し、「復興 陸前高田うごく七夕まつり実行委員会」様より感謝状をいただきました。

参加した子どもたちの声

参加した新入社員の声

2012年度新入社員
大 竹

 陸前高田の街の中は3.11から1年半も経っているのに爪痕が深く、壊れた建物やがれきが多く残っていて復興にはまだ時間がかかりそうだなと感じました。そんな中でも前を向いて生きようとする現地の人たち。新しく造った山車の一部に津波で流された7万本の松が使われていると聞き、想いの強さを感じました。そんな現地の皆さんと声を合わせて山車を引くのはとても貴重な経験でした。最初は緊張気味だった子どもたちも次第にうち解け、一緒に汗をかきながら綱を引くことができました。 
 お店でお客様に貢献するだけでなく、このような形でも人に貢献することができることを実感できたことが一番の収穫でした。

2012年度新入社員
今 井

 テレビでしか見たことのなかった被災地を目の当たりにしてびっくりしました。津波に流されて何もなくなった所にも、かつては誰かの家があったのかと思うと胸が締め付けられる思いがしました。あれから1年以上経って関東では震災の記憶も薄れがちなのに被災地は何も変わっていない。そこで行われる七夕まつりに対する地元の人たちの強い想いに心が揺らぎました。
 初対面の子どもたちのお世話をしながらキャンプ生活をするのは正直大変でしたが、心を開いてもらうためには相手のことを考えることが大切ということも学びました。人として大切なことを学ぶことができて、よい体験になりました。

▲ページの先頭に戻る

「子どもたちに山車を贈ろう!」贈呈式

山車を贈ろう

皆さまのあたたかいご支援・ご協力誠にありがとうございました。

2月18日に陸前高田市で贈呈式を行い、皆様からお寄せいただきました善意の募金
全額28,887,776円を「うごく七夕」「けんか七夕」実行委員会へ寄贈しました。

贈呈式集合写真

未来に伝えたい 子どもたちの夢 ふるさとの絆

子どもたちのために七夕をやろう!前を向こう!街の再起を目指そう!津波に流されガレキと一本松だけが残ったあの陸前高田で、今そんな声が沸き上がっています。
昨年末、カスミグループ全社全店で実施いたしました復興支援カレンダー『明日暦』の売上金全額を陸前高田の皆さんに寄贈いたしました。皆様のご協力によりカレンダーは47,000部を完売し、2800万円以上の浄財を山車製作資金として供することができました。
子どもたちに夢を与え、地域の絆をつなぐ祭りを1年たりとも絶やさないでほしい。そんな私たちの熱い思いが陸前高田の人々の心を大きく動かそうとしています。七夕の復活は心の復興。陸前高田からは遠く離れていますが、子どもたちの笑顔や故郷を思う心は一つ。思いは地域を越えて強い絆で結ばれています。

「子どもたちに山車を贈ろう!」贈呈式動画


[ビデオ映像]
上の映像にカーソルを重ねるとコントロールバーの出し入れができます。

 

Page Top