ご意見承り窓口

U.S.M.H

企業情報

次世代育成支援対策推進法に基づく当社の取り組み

少子化が急速に進行し、我が国の経済社会に深刻な影響を与えていることが懸念されています。また、少子化の原因の一つとして、仕事と子育てとの両立に対する負担感が指摘されています。

仕事と子育ての両立を進めるために、それぞれの企業においても、男性を含めた全ての人が仕事のための時間と自分の生活のための時間のバランスがとれるような「多様な働き方」を選択できるよう、働き方を見直していくことなどの取り組みが求められています。

当社におきましても、この趣旨を十分理解し「次世代育成支援対策推進法」に基づく「一般事業主行動計画」を茨城県労働局に提出し、目標達成に向けて取り組んでおります。

一般事業主行動計画

茨城県内において一般事業主「認定」企業 第1号!

カスミは、仕事と子育ての両立支援に熱心に取り組む「子育てに優しい企業」として茨城労働局から、次世代育成支援対策推進法に基づく認定を受けました。
※1回目の認定:2007年5月
※2回目の認定:2012年9月

くるみん
※「子育てサポート」をうたうマーク(愛称「くるみん」)

▲ページの先頭に戻る

次世代育成支援対策推進法行動計画(一般事業主行動計画)

2016年4月現在
1 計画期間

平成28年4月1日から平成30年3月31日までの2年間

2 内 容 <目標1>男性の育児目的の休暇制度(配偶者出産休暇)の利用促進
 ●H28年4月  配偶者出産休暇制度の内容変更の周知
 ●H28年6月~ 社内報を活用した利用促進活動の実施
<目標2>ダイバーシティに関する広報誌の創刊
 ●年4回 季刊誌として発行
<目標3>能力向上、キャリア形成支援のための取り組み
 ●各年 8月・1月 キャリアアップ研修
       7月・2月 管理職育成キャリア研修
<目標4>所定外労働時間の削減
 ●H28年4月~ 現状把握
 ●H28年6月~ 変形労働時間制の利用促進
<目標5>年次有給休暇の取得促進
 ●H28年5月~毎月 連続休暇・アニバーサリー休暇の取得促進・取得確認
<目標6>育児短時間勤務の拡充
 ●H28年5月~ 制度内容の周知
 ●毎月 育休復帰者への面談実施

 

Page Top